名刺交換

ビジネスシーンで初対面の人に会うとき、最初にするのが挨拶と名刺交換です。

これは個人でも会社員でも共通のビジネスシーンと言えます。

初対面でお互いのイメージも固まっていない状態ですので、名刺交換をスムーズ

に行えるだけで大きなプラスイメージになるでしょう。

 

今回はその名刺交換の際に気をつけるポイントをご紹介します。

 

名刺を渡す

自分が相手を訪問する場合は、まず自分から立って名刺を渡します。

また相手との間に机などがある場合は、相手側に移動して名刺を渡します。

机の上で名刺を交換しないようにしましょう。

 

この時必ず相手が自分の名前を読める向きで、両手で名刺を持って渡します。

また渡す際は相手が差し出した名刺よりも低い位置で差し出すことで、謙虚な

イメージを持たれます。

基本的には訪問した側が名刺を先に渡しますが、相手の方が立場が上のときは

訪問された側であっても先に渡すようにしましょう。

 

また相手方が複数の場合は、最も立場が上の人から順に名刺を渡します。

逆にこちら側が複数の場合は、立場が上の人から相手に名刺を渡しましょう。

 

名刺を受け取る

名刺を受け取る際も、渡すときと同じで必ず両手で受け取ります。

また受け取る際には名刺入れの上で名刺を受けるようにしましょう。

相手の会社のロゴの上に指が来る受け取り方はマナー違反です。

名刺の端の方を持つようにして受け取りましょう。

 

名刺交換後、着席する際にはテーブルの上に名刺入れを置き、その上に相手の

名刺を置くようにしましょう。

立って話をする場合には、「頂戴します」と一言添えて名刺入れにしまいます。

このとき財布にしまったり、ポケットに入れたりしないようにしましょう。

 

名刺の管理

受け取った名刺をそのまま名刺入れに入れっぱなしにしてはいないでしょうか?

何かの際に連絡を取ることもあるかもしれません。

頂いた名刺はしっかり管理するようにしましょう。

 

ネット上で名刺を管理するサービスもありますし、名刺を管理するボックスや

ファイルも売っています。

会社名をあいうえお順に並べ、さらにその会社の中で人名をあいうえお順にする、

と言った管理をすると、実際に必要になった際に探しやすく便利です。

 

1つ1つをスムーズに行えればそれだけ作業の時間を短縮できますので、名刺の

管理は常にきちんと行っておきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP