通夜・告別式でのマナー

以前の記事で、訃報を受けた際の対応についてご紹介しました。

今回は通夜、告別式での振る舞いや、香典に関することなどをご紹介します。

 

香典

もともとは線香やお花を霊前に添えるというものであったようですが、現在では

突然の不幸に対して助け合うという意味で現金を包みます。

通夜か告別式に参列する場合は受付に渡して名前を記帳します。

両方に参列する場合は、通夜に香典を渡して、告別式には名前の記帳だけで問題

ありません。

 

金額としては一般的な知人・友人であれば5000円、親しい友人であったり身内で

あったりする場合には1万円を包みます。

袱紗に入れて持参し、名前を受付側に向けて渡します。

 

結婚式のご祝儀の場合は新札を包むのが一般的ですが、香典の場合は新札である

必要はありません。

むしろ「待っていたという」印象を与えますので、新札でないものを包みましょう。

 

また香典を包む不祝儀袋には、宗派によって種類があります。

仏式、神式、カトリックやプロテスタントによって異なりますので、形式に沿った

ものを用意するようにしましょう。

 

焼香の仕方

焼香とは細かくした香を焚いて、亡くなられた方に拝むことを指します。

「あまり細かく覚えていないが、前の人のやり方に倣えばいい」と考えているかも

しれませんが、もしかしたら自分が一番初めにするときが来るかもしれません。

恥をかかないようにしっかり覚えておきましょう。

 

宗派によってことなる部分もありますが、一般的には以下の順序です。

 

・自分の次の席の人に会釈して焼香台の前に出る。僧侶と遺族に一礼。

・左手に数珠、右手で焼香を持つ。焼香は親指、人差し指、中指の3本でつまむ。

・目の高さまで香を持ってきて、香炉の中へ入れる。三回繰り返す(※回数は宗派によって異なる)

・合唱して遺影に対して一礼。そのまま1,2歩ほど下がる。

・遺族に対して一礼し、席に戻る。

 

遺族への挨拶

特別に親しい間柄でない限り、遺族の悲しみに寄り添うのは難しいものです。

遺族に挨拶をする際には、言葉少なに、気持ちを込めたものにしましょう。

「この度はまことにご愁傷様でした」といった形で問題ありません。

 

また忌み言葉を使わないようにも気をつけましょう。

「重ね重ね」「返す返す」などの言葉は、不幸が連鎖するイメージを持たれます。

同じ言葉を重ねたり、再びという意味を持つような言葉は避けるほうが無難です。

 

結婚式と同じように、通夜や告別式でもほぼ全ての人がマナーを守って参列します。

会社の関係で出席する場合には、個人の振る舞いが会社の評判に直結します。

社会人として恥ずかしい振る舞いにならないようにしましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP