訃報を受けた際の対応

社会人として仕事をしている中で、取引先の方の訃報を耳にすることが必ず

あると思われます。

亡くなられた方やご遺族に失礼のないように行動しなければなりません。

大人として相応しい振る舞い、対応の仕方を押さえておきましょう。

 

訃報を受けたら

仕事関係者のご逝去の場合、会社員の方であればまずは上司に報告しましょう。

「どこの」「だれが」「いつ」ご逝去されたのか、また通夜と葬式の日時を確認

します。

また香典の額、供物に関して、誰が参加するのかなども吟味することが必要です。

相手の立場に対し、相応の役職の人間が参列するようにしましょう。

 

友人や同僚などの親しい人が亡くなった場合は、会社にそれを告げ、直ちに弔問

に赴き、通夜と葬式に参列します。

通夜前の弔問の際は喪服ではなく平服で伺いましょう。

喪服ですと「亡くなるのを待っていた」とされ、良い印象ではありません。

手伝うことはたくさんあると思われますので、なるべく早く弔問するようにしま

しょう。

 

会社の関係者、特に親しい間柄ではない一般の会葬者の場合は告別式に参加する

ことが一般的です。

告別式に参加できないために、通夜に参加したとしても失礼には当たりません。

ただし遅刻は厳禁ですので、マナーを守ってご遺族に不快な思いをさせないよう

にしましょう。

 

参列できない時

遠方であるなどのやむを得ない事情があり、参列ができない場合は弔電を打ちま

しょう。

故人のご家族はお忙しいので、電話での連絡やお悔やみはさけるようにします。

弔電は喪主宛に打ちましょう。

 

香典は代理人に頼むか葬儀後に弔問に伺ってお渡しする、もしくは現金書留で郵

送します。

弔問の際は必ず電話で相手方に連絡してから伺うようにしましょう。

葬儀後もご遺族は多忙である場合が多いものです。

また郵送する際は参列できなかったことに対するお詫びの文書を添えて、一緒に

送るようにしましょう。

電話でお悔やみを伝えるのであれば、葬儀後しばらくして、ご遺族が落ち着いた

タイミングで連絡をするようにします。

 

常に相手を思いやる気持ちで対応することが肝心です。

突然の訃報で動揺して性急な行動に出ると、周りの迷惑になります。

社会人としての責任を持って落ち着いた行動を心がけましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP