ご祝儀

結婚式に招待されたらご祝儀を用意することが必要になります。

きちんと覚えていると思っていたのに、いざその時になって「どうすればいいんだっけ?」となったことはないでしょうか?

今回はそのご祝儀に関するマナーをご紹介します。

 

ご祝儀の金額

ご祝儀に包む金額は1,3,5などの奇数の金額にすることが良いとされています。

割り切れる、別れるということを連想させる偶数は、縁起の良くない数字に当たりますので避けるようにしましょう。

ただ奇数でも「9」だけは不吉なイメージを持たれるので、避けるようにしてください。

10万以上を包まれる場合は、偶数奇数を気にされる必要はありません。

 

金額に関しては厳密に決まっているわけではありませんが、親しさ、お世話になっている度合いなどを考慮して決めることが多いです。

友人の結婚式であれば3万ほどが通例とされていますが、親族の場合は5万以上を包むこともあります。

ただし友人や会社関係の人でも、今後の関係を重視して多めに包むこともあります。
ご自身とその人との関係を考慮して、金額は決めましょう。

 

欠席される場合は、タイミングによって渡す金額が異なります。

招待状に予め欠席と伝えていた上での欠席の場合や、出席と返答したが早めにキャンセルを申し出た場合は、1万円程度のご祝儀か、プレゼントを送りましょう。

ご祝儀を送る場合は現金書留で1週間前には届くように送ることがマナーです。

 

式までの日数が数週間というタイミングでキャンセルになってしまった場合、出席のときに渡すはずだった金額を送りましょう。

このタイミングだと新郎新婦は料理や引出物の注文をキャンセルできない可能性があるためです。

しっかりとお詫びも伝えておくように気をつけましょう。

 

自分の結婚式にご祝儀を頂いた人の場合は、出席欠席にかかわらず同じ金額を贈りましょう。

 

ご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋は一度結んだらほどけない「結び切り」という結び方の袋を選ぶことが基本です。

蝶々結びのものは結び目がほどけてしまうため、一般的なお祝いの場合は問題ありませんが、結婚式には用いられません。

また金額によっても袋の種類はことなります。

5万円以上を包む場合には、飾り結びを用いて装飾のされているものを選ぶようにしましょう。

 

書き方

ご祝儀袋への記入は、基本的には毛筆か筆ペンを使用します。

「どうしても筆が苦手で…」という方はサインペンを使いましょう。

ボールペンや万年筆はマナー違反です。

ご祝儀袋の結び目の下部分に名前を記入します。

連名の場合は三名まで、4名以上の場合は一番目上の人間の名前を記入し、その左に「外一同」や「他家族一同」と記入します。

 

お金を入れる中袋の表面の真ん中には、入れる金額を記入します。

「金 参万円」のように、漢数字も旧字体を使うのが正式な書き方です。

 

裏面は、真ん中より左側に贈り主の住所と名前を書きます。

これは誰がいくら包んでくれたのかを新郎新婦が把握するためにひつようなものなので、忘れずに記入するようにしましょう。

 

ご祝儀を渡す

結婚式の会場で受付にご祝儀を渡す際は必ず袱紗(ふくさ)から出して渡します。

ご祝儀袋だけで持って行って渡すのことは、ご祝儀袋を傷つける可能性がありますので、大人としてはあまり良い印象を持たれません。

 

もし袱紗がない場合は、風呂敷や金封入れでも代用可能です。

結婚式の場合、袱紗の色は明るめの暖色系のものを選ぶようにしましょう。

寒色系で暗めのものは弔事の際に用いられます。

紫の袱紗は結婚式のような慶事にも弔事にも使うことができますので、用意しておくと便利です。

 

受付に到着したら袱紗からご祝儀を出し、袱紗を畳んでその上にご祝儀を載せ、受付の方に向かって両手で渡します。

学生時代の友人の結婚式などですと共通の友人が受付を務めていて、受付前でついはしゃいでしまいがちですが、これはマナー違反ですので気をつけましょう。

 

結婚式はほぼ全ての人がマナーを守って参加しますので、ご自身がマナーを守れていないと悪目立ちしてしまいます。

招待された以上、ゲストとしてふさわしいマナーを身につけておきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP