披露宴での服装・男性編

社会人は友人や会社の同僚の披露宴に招待されることが多くあります。

スーツを着ておけば問題ないと思ってしまうかもしれませんが、例えスーツでもおめでたい席にふさわしくない服装になってしまう可能性があります。

今回は男性向けの結婚式の際の服装・マナーをご紹介します。

 

スーツ

ご自身の立場や結婚式場の格式によって、求められる礼服の種類が変わってきます。

スーツと一言で言っても種類やフォーマルさに違いがあります。

ご自身がどの礼装で出席するのが正しいのか考えて選びましょう。

以下のように分類されます。

 

正礼装 (モーニングコート、タキシード):格式の高い結婚式場における披露宴の際に、主賓や新郎新婦の父親が着る。

 

準礼装(ディレクターズスーツ、ブラックスーツ):ディレクターズスーツは昼間の結婚式に着用されるもので、主に結婚式の主賓や新郎新婦の父親が着る。ブラックスーツは一般招待客も着用する。

 

略礼装(ダークスーツ):ネイビーやグレーと言った色のスーツ。カジュアルウェディングの場合や、二次会にのみ出席する際に着用する。

 

披露宴でスピーチを頼まれた場合などは、装いに関しても意識することが必要です。

格式高い結婚式場でなければ基本的にはブラックスーツで問題ありません。

白のスーツなどは新郎と被る可能性が高いので控えましょう。

 

シャツ・小物

ワイシャツ

基本的には白の無地のシャツを選びましょう。

カフェで行われるカジュアルなものであれば色のついたシャツでも問題ありません。

ただしボタンダウンのシャツはフォーマルさに欠けますので控えましょう。

また黒のシャツも暗いイメージがありますので結婚式には適しません。

 

ネクタイ

白、もしくは薄いシルバーやグレーのものが無難です。

カジュアルな式であればカラーネクタイも問題ありません。

 

ポケットチーフ

必須ではないですが、格式高い結婚式場などではほぼ全員が持っている可能性があります。

フォーマルな感じが出ますので、用意しておくことをおすすめします。

 

黒の革靴、もしくはエナメル素材のものを選びましょう。

また紐付きの「プレーントゥ」もしくは「ストレートチップ」がフォーマルな靴とされています。

靴先に穴が飾りとして空けてある「メダリオン」の靴は避けましょう。
靴下は黒のミドルのものが無難です。
白い靴下やくるぶし丈のものはふさわしくありません。

 

NGな服装

あまりキラキラした服装やアクセサリーの着用は避けましょう。
またヘビ柄、ヒョウ柄などの動物の柄の入ったものは殺生をイメージさせます。
結婚式には着ていかないようにしましょう。
またお葬式のような黒いスーツに黒いネクタイという格好も、披露宴では控えましょう。

いかがでしたでしょうか?
意外に知らないルールも多いかもしれません。
招待してくれた人に恥をかかせないように、服装のマナーは押さえておきましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP